-怖い話-公園の桜の木に宿る霊と地面から出てきた手!

桜が咲きお花見シーズンですが、新型コロナウイルスの感染拡大を避けるため不要な外出は控える方が良さそうですね。
私は年齢的にも体力的にも抵抗力が普通の人より弱いので、感染したらもうお終いです。

さて、近くに公園があります。
そこそこ広い公園で、子供なら野球もサッカーも楽しめるくらいです。

公園には何本かの木があります。
その中の1本の桜の木に、たぶん霊が宿ってます。
以前書いた記事で階段に座ってる男の霊の話で、その霊がベージュとグレーの中間くらいの色だったのですが、公園のその1本の桜の木だけが根本の方から子供の頭の高さ位までそんな色で少し歪んで見えてます。
歪んでると言うか変形してると言うか…。
ちょうど娘の頭の辺りまでだと思います。
私が撮った写真ではさすがに分からないですね。
霊能者が撮れば何か写るのでしょうか。

推測ですが、その1本の桜の木の根本辺りに霊の正体が埋まっていると思います。
何か悪さをする霊なら、もしかしたら私は何か感じてるかもしれないけど、そういう感じはなくて、でも何本かある木の中で何故かそこに目が行ったのは、何かを感じたからだとも考えられます。

亡くなった原因が事故なのか事件なのか病気なのかは分からないけど、その公園が昔お墓だったなら他にもたくさん埋まってるはずなので、その桜の木だけなのはおかしいですね。
そうすると、お墓ではなくその場所で亡くなったと推測出来ます。
そして成仏出来ずに苦しんでいて、その場所にずっと居るのでしょう。
桜の木はその霊の気を吸って生きているのかもしれません。

その公園でよくケガや事故があるとは聞いてないし何か悪さをすることはないとは思いますが、素人の推測なので実際はどうなのかは分かりません。

ちなみに、私は10年程前に滋賀県にある公園で地面から出てきた手で足をつかまれ、こけそうになったことがあります。
琵琶湖そばの広い公園です。
私は手を見てないけど、妻がしっかり見ていて教えてくれました。
その公園がどうだったかは知らないけど、昔お墓だった場所に公園を作ることは多いみたいですね。
では(^^)/~~~

コメント

タイトルとURLをコピーしました