3DネックマッサージャーS(MN-03)のオススメポイント!

妻が首や肩凝りが酷かったので3DネックマッサージャーS(MN-03)のブラックを買いました。

3DネックマッサージャーS(MN-03)のオススメポイント!

3DネックマッサージャーS(MN-03)の機能

人の手でもまれてる感覚で、ボタンでノーマルと低速を切り替えられ、続けて15分間もんでくれます。
首だけではなく、肩や肩甲骨、腰にも使いやすいです。
私は低周波よりは、この実際にマッサージするタイプの方が合ってますね。
ただ、お尻をマッサージするのに、この3DネックマッサージャーS(MN-03)の上に座ったら壊れてしまいそうなので、全体重をかけるのはやめた方がいいでしょう。

動作音が静かでヒーター付き!

ヒーターがついていてオンにするとあたたかくなり血行を良くしてくれたり、動作音が静かなのでテレビを観ながらでも音が邪魔になりません。
1,5kgで重くはなく、使わない時は両端のベルトを折りたたむと、でっかいウエストバッグのような形になります。
普段持ち歩くようなマッサージャーではないですね。

3DネックマッサージャーS(MN-03)のオススメポイントは?

私が思うオススメポイントは、ベルトの長さです。
これはマッサージの部分の両端にベルトがついていて、そこに腕を通して使います。
ベルトに通した腕で首に当てる強さを調節します。
強く当てると痛いくらいですが、好みの強さにするのに腕の力加減ですぐに調節出来るのでいいですね。

いくつかの同じタイプのネックマッサージャーを使ってみたけど、この3DネックマッサージャーS(MN-03)は、ベルトの長さが長めなのがオススメなポイントです。
ベルトが短いほどベルトに通した腕がダルくなりやすく、首に当てる強さの加減がしにくいです。
ベルトに通した腕が胸辺りだと腕が疲れやすく強さの調節もしにくく、ベルトに通した腕がお腹辺りなら余計な力が入らず強さの加減の維持がしやすいです。
特に背の高い男性や女性なら、この違いを痛感するはずです。
マッサージャーを使って腕が疲れるのでは本末転倒ですね。
だからベルトではなく手で握って位置を維持するタイプは論外です。

3DネックマッサージャーS(MN-03)まとめ

ACアダプターが付属していて充電したり、充電しながら使うことも出来ます。
操作するボタンは3つだけなので難しくありません。
首、肩、背中、そして腰の疲れに3DネックマッサージャーS(MN-03)はオススメです。

ドクターエア 3DネックマッサージャーS MN-03

価格:15,074円
(2020/7/10 22:06時点)
感想(13件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました