年齢差は20歳!父と娘なのか夫と妻なのかおじいちゃんと孫なのか

スマホの名義変更の手続きに行きました。
私の名義から妻に変更するので二人で行ったのですが、受付の女性に説明したら「えっと、お父さんの名義から…」と言いかけて慌てて「ご主人様から奥様へ変更ですね」と言い直されました。
20歳離れてたら仕方のないことやと私は重々分かってるので、とりあえず笑ってました。

以前も病院で心臓の手術の時に、ご家族にも説明したいので来てもらって下さいと言われて妻が来た時に、ナースステーションで「○○さんの娘さん来はりましたー!」と言われました。

若くして子供が出来た人なら親子の年齢差が20歳と言うことはあることです。
まだ30代の若い妻の姿と50代のくたびれた私の姿では、一緒に歩いていても親子と思われても仕方がないし、手を繋いで歩いていたら仲の良い親子だと思われてるのでしょう。
私は膝があまり丈夫ではないので、痛くなった時は妻が寄り添って歩いてくれるのですが、周りから見れば介護されてるようにも見えてるでしょうね。

娘が通ってる放課後等デイサービスに初めて夫婦で行った時には、担当の女性が私を娘の父親なのか、それとも娘のおじいちゃんなのかで困ってたのが分かりました。

この見た目の年齢差はこれからもっと開いて行きます。
来月また心臓の病気で入院しますが、結果が良くなくて一人であまり動けなくなったら、それこそリアル介護です。
先日私が一人でイオンで買い物してたら突然体調がおかしくなり立ってられなくなって、店員にお願いしてドラッグストアのソファに寝かせてもらったことがあったり、トイレにいる時に経験したことがない腹痛と動悸、冷や汗で救急車を呼んでもらおうかと思ったりしました。
いくつかの病気や関節の痛みなど、老いが間違いなくやって来てるので、ちょっとでもリアル介護が始まるのが遅くなるようにはしたいと思う毎日です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました