エアロスミス解散は本当?2017年フェアウェル・ツアーをやる!

ショッキングなニュースが届きました。
エアロスミス(Aerosmith)が2017年のフェアウェル・ツアー(Ferewell Tour)で解散するというのです。
1970年にバンド結成してから46年以上も活動し、年齢を全く感じさせないボーカルのスティーブン・タイラーがインタビューで話したものです。
はたして本当なのでしょうか?
エアロスミスとは?
メンバー
スティーブン・タイラー:ボーカル
ジョー・ペリー:ギター
ブラッド・ウィットフォード:ギター
トム・ハミルトン:ベース
ジョーイ・クレイマー:ドラム
アメリカ東海岸出身のハードロックバンドで、これまでに世界で1億5000万枚以上もの売り上げを誇っています。
このバンド名を知らなくても映画『アルマゲドン(ARMAGEDDON)』の主題歌にもなったパワーバラード曲『I Don’t Want to Miss a Thing』は聞いたことがある人もたくさんいると思います。
またラップ・ロックの『Walk This Way』も聞いたことがない人はいないんじゃないでしょうか。
2001年にはロックに大きな功績を残したアーティストとして”ロックの殿堂”入りを果たしました。
日本ではクイーン(QUEEN)、キッス(KISS)とともに3大バンドと呼ばれていました。
過去にスティーブン・タイラーとジョー・ペリーはケンカしてジョー・ペリーが脱退したことや、一時期はスティーブン・タイラー脱退説が出たりと、2人の関係については今でも話題にされています。
解散を否定したいが、フェアウェル・ツアーをやる!
2016年、スティーブン・タイラーはローリングストーン誌のインタビューで「2017年がフェアウェル・ツアーになるかもしれない。でもその後またスタジオに入ってアルバムを作ることになるかもしれない」とも話してました。
しかしジョー・ペリーは「フェアウェル・ツアーは決定したわけではない!」とも話していました。
その後情報がなく、噂レベルの話となっていました。
ところがスティーブン・タイラーはラジオ番組に出演した時に「このバンドを愛している。でもフェアウェル・ツアーの後に解散する。」と話しました。
そして、解散したらバンドは復活しないの?という問いには「復活は、しないと思う」と答えました。
また、ジョー・ペリーはこのことを知っているのかという問いには「まあね」と答えました。
ただ、そのインタビューの最後には「フェアウェル・ツアーはたぶん永遠にやる」とジョークも飛ばしていました。
その後、解散については語らなかったスティーブン・タイラーですが、否定しなかったのが悲しいところでもあります。
エアロスミス解散は本当?2017年フェアウェル・ツアーをやる!まとめ
スティーブン・タイラーは、2016年7月15日、68歳にしてソロデビューアルバム『We’re All Somebody From Somewhere』をリリースします。
どうやらスティーブン・タイラーの独断ではないような今回の解散話。
ジョー・ペリーも知っているとのことなので、他のメンバーも理解しているんでしょうか。
ちなみに、ザ・フー(THE WHO)は解散後に再結成してますし、キッス(KISS)はラストツアー後解散を撤回しています。
でも「やっぱり解散はしないよ」と、どこかのインタビューで話してくれることを期待してしまいます。
エアロスミスのフェアウェル・ツアーはまだ決まっていません。
今後のツアースケジュールに注目です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました